お知らせ

2023/02/17 09:28

流木は単品で使用する場合と組み合わせて使う場合があります。
今回は販売中の流木を組み合わせるとこんな水景ができますよっという例をお伝えできればと思います!
流木を組み合わせると無限の表現ができるのでおすすめです。
持っている流木と組み合わせたらこんな水景ができるかも?などの参考にもなれば嬉しいです。

使用している水槽サイズは幅60×奥行30×高さ36cmです。

【H0001】と【H0004】を組み合わせた例

木の根っこ部分が広がっているように表現。
2つを組み合わせることより大きな大木のように見え水槽内はとてもダイナミックな表現となり、
流木中央部の流線美から水槽外へ飛び出す流木がたまりません。
活着する水草でも良いですしウィローモスでもどちらにでも合うこと間違いなし!

【長さ形状共に申し分なし】プレミアムホーンウッド/Hornwood #大型【H0001】
------
【長い!圧倒的に長い】プレミアムホーンウッド/Hornwood #大型 【H0004】
レイアウト例その2

中央ではなく少しサイドに置くとさらに広がりがある空間が広がります。


【H0001】と【H0012】を組み合わせた例

上部のレイアウトからの派生したレイアウト。
流木の下部のヌケ感をさらに高め奥行きを最大限に高めてます。
複雑な流木の絡みから数百年の時を刻んでできた形状を意識しています。
こちらも

活着する水草でも良いですしウィローモスでもどちらにでも合うこと間違いなし!

【長さ形状共に申し分なし】プレミアムホーンウッド/Hornwood #大型【H0001】
------
【圧倒的な大きさと存在感】プレミアムホーンウッド/Hornwood #大型 【H0012】


いかがでしたでしょうか。
流木を組み合わせると単品で見た時と印象がだいぶ変わってきます。
既にお持ちの流木と組み合わせるとまた違った表現ができるかもしれません。
アクアリウムの面白さはこの無限の組み合わせから作られるたったひとつの作品となるとこですかね。

みなさまの参考になる情報を引き続き発信していきます。
最後まで読んでいただきありがとうございました!